本当に人生を変えたい人だけ、読んでください。

 

現実はシンプル。

 

f:id:takecchi67:20181225143747j:image

 

 

24・25日の2日間は、クリスマスだからということで、LINE@にきた質問や相談には直接返信しています。

 

もちろんお金はもらわないけど、遠慮はしないのでしっかりお答えしていたら「これ、かわいそうかな・・・?」なんて気持ちになってきました。

 

中途半端に優しいことを言う方がためにならないので言うことは言いますが、やっぱり「まだ不幸に浸っていたい人」にとって劇薬なこともあるかなと感じるんですね。

 

 

f:id:takecchi67:20181225210040j:image

 

現実はシンプルで、向き合えば意外とすぐ変わります。

 

そりゃあそうなんです。自分次第なんだもの。

 

いつか王子様が助けてくれるかも、宝クジが当たるかも、 願っていれば叶うかも、こんなに苦労したんだからプラマイゼロであとはかってに幸せになれるはず、頑張れば必ず報われるはず・・・。

 

こういう考え方は現実というよりは幻想を見ているので、捨てたほうが無難です٩( 'ω' )و

 

クリスマスにこんな夢のないこと言ってるわたしも、過去はそうやって幻想に生きて自滅しているので、もしあなたに思い当たるフシがあるなら体験する前にさっさとやめましょう。

 

 

 

たとえば、過去に良くないことがあったからといって、未来も同じように良くないことが起きるなんて決まりはないですよね。

 

逆も然り、ずっと良いことがあるとも決まっていないわけです。

 

過去に良いことがあったから今度は悪いことが起きる、というわけでもありませんよね。

 

これらは完全にランダムなわけです。

 

 

もっと言えば、どれが善でどれが悪かを決めているのすら自分なわけで、そう考えたら起こるできごとに規則性なんて無いようなもんです。

 

 

ただし、この中で唯一、「自分」だけはその限りではありません。

 

 

自分はラッキーな人間だ、と思いながらポジティブな行動にかたよる。これと、自分はアンラッキーな人間だ、と思いながらネガティブな行動にかたよる。

 

この2パターンでは、出会うできごとの質に差が生まれます。

 

唯一、自分のことだけはコントロールできるんです。

 

 

f:id:takecchi67:20181225210130j:image

 

自分次第で、どちらのできごとに出会いやすいか、またはどちらの側に捉えやすいかまで決まってきます。

 

自分というフィルターを通したときに、世界がどう見えているかということです。

 

何度でも言いますが、ものごとに善悪はありません。

 

 

自分が決めているので、極端な例で、あなたがもしネガティブなことが好きだった場合はそちらにかたよった思考・行動をしたほうが幸せに生きられるかもしれませんよね?

 

単純に、好きなことに囲まれることになるからです。

 

ということは、もしポジティブなできごとに囲まれたければ、自分がそういう思考・行動をする回数を増やせばいい。

 

いまから変えていくだけで、そのチャンスはものすごく増えますよね。

 

 

f:id:takecchi67:20181225210407j:image

 

じっさいにできるかどうかは置いておいて、考え方としてはこういう仕組みです。

 

で、わたしはじっさいにこの考え方で行動しているので、ほとんどのできごとを自分で決めています。

 

人生がコントロールできないからストレスなわけで、コントロールできたら快適ですよね。

 

そのためには、「自分で動かそう」という意識がないとできないわけです。

 

でもこれを、じっさいにできる人は少なめです。

 

嫌なできごとや理不尽なできごとはやっぱり普通にあるんです。

 

そのとき、つい人のせいにしたくなったり、なんで自分ばかりこんな目に……と天を恨みたくなりませんか?

 

わたしはなります。そしてそのたびに、それも自分でなんとかしていけるんだ、と鼓舞して進んでいます。

 

そうするとその当時は実力不足でも、いずれ成長して本当になんとかなる。

 

自分はコントロールできるので、変化していけるんですね。

 

 

f:id:takecchi67:20181225210338j:image

 

 

そうなんです。人生をコントロールして生きていこうとするのは、簡単じゃないんですね。

 

人のせいにして生きていれば他人の人生を生きることになります。でも、それもまたひとつです。たぶん多くの人はこちらの道を選びます。いくばくかは楽なのかもしれません。

 

自分のせいにして生きていれば自分の人生を生きられます。その代わり、何があったとしてもそれは自分で引き受けていく必要があります。成功者や、少数の人たちはこちらの道を選んでいます。その分、努力をして何かを背負っています。

 

人生はバランスですが、このことに関してはふたつにひとつ。

 

どちらを基本ベースにして生きるか、自分で決定することができます。

 

 

 

 

現実は超シンプルですが、けっこう残酷な一面もあるかもしれません。

 

ここで個人的な小話をはさむと、わたしは現実が嫌すぎてどうにか変わってくれないかなと待ち望みながらニートしていた時代がありました。

 

当時は23歳とまだまだ若かったですし、別に焦る必要もないと感じていました。

持病もあったので、別に好きでニートをしているわけではない、むしろわたしはかわいそうなんだとすら思っていました。

 

そんなある夏の日、母がガン宣告を受けました。

 

なんの前触れもなく、実感も湧きません。

しかし考えてみれば、貯金もないし収入源もほとんどなかったので治療費などのことを考えると、一気に不安が襲いました。

 

「自分の生活費すら1人でまかなえない状態で、どうやって母を支えたらいいんだろう?」

 

わたしの蓄えてきたものは0。

 

起きたことにただ戸惑い、なすがままに流されていく他にありませんでした。

 

 

いざというとき大切な人のためにできることは、当時のわたしにはなんにもありませんでした。

 

 

「好きでなにもできないわけではない」なんて、さすがに言えなかった。

 

人生でいちばん背筋の冷えた体験でしたが、幸いなことに母のガンは手術で切除でき、保険も適用されたのでなんとか乗り越えることができました。母はいまも元気です。

 

けれどわたしはもう、振り回されるだけの自分ではいたくありません。

 

自分に対して情けない、悔しいと思い知らされたくはありません。

 

人生を切り拓いて、大切な人を守れる存在でありたい。

 

 

 

 

あなたは、どうですか?

 

どんな人で、ありたいですか?

 

 

 

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました(*´∇`*)

 


f:id:takecchi67:20181225143734j:image

 

 

 

たけっち公式LINE@

https://line.me/R/ti/p/%40zee6848n 

 

週2日LINE@限定コラムを配信中。お悩み相談、質問などもこちらからどうぞ。 

 

 

 

メリークリスマス!


【クリぼっち?】お菓子作るところから自給自足でメリークリスマスしてみた。