注目を浴びることを恐れずに、やりたいことを貫き通す。恐怖への対処法。

注目度の話。

 

 

f:id:takecchi67:20181216153512j:image

f:id:takecchi67:20181216184528j:image
f:id:takecchi67:20181216184526j:image

 

YouTubeに限らずSNSがバズったりすると、必然的に注目度が上がりますよね。

 

それで、イイネやコメントがついたりするわけなんですが、わたしはこれまで裏方の人間だったため注目を浴びた経験があんまりないんですね。

 

「裏方って言っても……実名顔出しでビジネスしてるんじゃないの?」

 

という意見もあるかもしれないですが、とはいえわたしのやってきたことはかなり地味です。

 

認知度は高く

知名度は低い

 

というビジネスモデルですから、有名人などのやるビジネスとはそもそもやり方が違います。

 

そんな人がいきなり表舞台に立っちゃったもんだから、あら大変(笑)

 

いろんなことを言われたりしますが、これまでの枠を飛び出して、新しいできごとを経験させてもらってます。

 

 

 

f:id:takecchi67:20181216194727j:image

 

 

例えばの話ですが、あなたは「有名になりたい」と「お金が欲しい」だったらどちらの気持ちが強いですか?

 

どちらを選んでもそれなりのメリットデメリットがあるわけで、同じ痛みを背負うならどちらが良いか人それぞれですよね

 

ちなみにわたしは、そこまで有名になりたい願望もないので、どちらかといえばお金が欲しいですね。やりがい持ってやっている仕事がお金になるならそれが一番です(*´∇`*)

 

自分が何を求めているかを知り、目指すところに沿った売り方があればそれを選びます。

 

ネットを使ったビジネスとはいえ、顔を出さなくてもいい場合もありますからね。重要なのはブランディングであって、ビジネスするだけなら顔はどうでもいいのです。

 

 

 

勇気を出して何かをするのは怖いことだけど、何にもしないほうが実は恐怖は大きいままそこにあり続けます。

 

なぜなら、未知のままだから。

 

じっさいに怖さと向き合って、体験してみれば痛みはありますが「こんなもんか」と程度を知ることができる。

 

そうすると次回からは怖くない。そういうカラクリです。

 

 

 

制限のある中でチャレンジをしていくと、それだけチャンスは限られてきますから、むしろ怖さを避けることでいばらの道に入っている場合があります。 

 

挑戦して失敗したとしても死んでしまうわけではない、ちょっと恥ずかしい思いをするくらいなので、リスクを恐れずに飛び込んでいきましょう。

 

わたしも刺激的なチャレンジができるだけの土台を、しっかり作っていくつもりです。

 

ぜひ、あなたも一緒に(*´∇`*)

 

 

 

 

たけっち公式LINE@

https://line.me/R/ti/p/%40zee6848n 

 

週2日LINE@限定コラムを配信中。お悩み相談、質問などもこちらからどうぞ。 

 

 

 


たけっちラジオvol.8 Wデートしました。この先、彼と進展しますか?