価値って誰が決めてるの?

 

 

f:id:takecchi67:20181204203909j:image


f:id:takecchi67:20181204203915j:image

 

おいーーーー!!( ;´Д`)

 

 

価値が低い広告枠ってどういうことじゃ!!

 

価値あるわあ!!!(笑)

 

 

 

 

Googleのほうから「あんたのブログ価値ないよ認定」されちゃった!?

 

そんなわけあるかと思っていろいろ調べてみたら、どうも過去のブログ記事も精査されるっぽい。

このブログ自体は2年前くらいからあるので、クオリティは確かに現在のほうが高いけども、普通に価値はあると思う……(笑)

 

仕方ないので過去記事をリライトしていきますが、なんとも世知辛い世の中。

 

 

 

でもさ、自分から見て価値のあることも、他人から見て価値が無く感じる、というのは当たり前に起こる話だよね。

 

 

本当にそれに価値があるのか?

 

 

そんなの受け取った相手によってアッサリ変わっちゃうんだ。

 

わたしのブログの価値をあなたが高く評価してくれたら、たとえGoogleからは低評価でもこのブログは良いブログってことになる。

 

逆に考えれば自分では価値がないと思っていても誰かにとってはすごく価値のあるものを、あなたは持っている可能性があるってことなんだ。

 

 

 

 

自分のことを客観的に見るのって、意識しないとできないものだよね。

だからこそ、主観カメラで見てばかりいると、ときに事実が見えにくくなってしまう。

 

わたしが誰かと話しているとき、その人の中での「わたしの価値」は相手が決めているんだ。

 

その人の価値基準で、その瞬間は自分の価値が決定されている。わお。

 

でも、自分自身の価値は、自分が決めていいものだと思わない?

 

自分の価値は変わらずそこにあるのだけど、その瞬間瞬間で、誰かによって価値を下げられたり高められたりしている。

 

つまり、誰かに委ねたときの自分の価値は変動するものなんだ。

 

 

 

 

他人の言葉に振り回されやすいっていう人は、ここの認識が抜け落ちているはず。

 

 

大事なのことを言うね。

 

自分の価値がケースバイケースで変動するのだとしたら、そんな曖昧なものを基準にして、自分自身のことを肯定したり否定するのはやめない?

 

 

 

上司から怒鳴られた=自分自身を否定された

 

とは限らないんだ。もちろん、人格まで否定してくるような上司も存在するかもしれないけれど、あなた自身の価値はあなたが普段から決めたらいい。

 

もし失敗をしたとしても、そのときミスをしただけ、次回からは修正したらいいだけ。事実だけ見たらそうなるよね?

 

事実と、そこで生まれた感情はまったくの別物だ。

 

一人の人間というフィルターを通せば、解釈なんて180℃変えられる。

 

 

 

 

自分自身の価値を、他者に委ねるのはやめよう。

 

自分の外側と、内側。うまく使い分けようね。

 

 

 

 

たけっち公式LINE@

https://line.me/R/ti/p/%40zee6848n

 

週2日LINE@限定コラムを配信中。お悩み相談、質問などもこちらからどうぞ。