#結婚式に自由を 。11/22いい夫婦の日に、自由への狼煙をあげろ。

 

f:id:takecchi67:20181122152228j:image

 

#結婚式に自由を

 

Twitter上でトレンド入りしている。どうやら、キンコン西野さんら著名人数名が11/22の「いい夫婦の日」にかけてキャンペーンを打ったらしい。

 

結婚式に対しての問題提議とも言える。

 

以下、キンコン西野さんのAmebaブログから引用。

 

そんな僕が、とにもかくにも苦手なのが『結婚式(披露宴)』です。
理由は単純明快、ハレの日を迎えた新郎新婦がボッタくられているのを見るのがツライからです。
 
(※今回はCRAZYWEDDINGさんからの無茶振りで、結婚式について考えてみました)
 
もっとも「ボッタクリ」は感覚値なので、いくらであろうと本人が満足していればボッタクリではないのですが、少なくとも僕が見るかぎり、「ああ、このクオリティーだと費用は2分の1か、3分の1で済んだだろうなぁ」です。
制作費の相場を知らない新郎新婦(とくに新婦)がつけこまれたことは容易に想像できます。
 
そして、結婚式後の生活で(たとえば出産時やマイホーム購入時に)「ああ、あの結婚式で、あんなに費用をかけるんじゃなかったなぁ」と後悔する新郎新婦の未来が容易に想像できます。
 
んでもって。
 
ボッタくられている二人を見るのよりも、もっとツライのが、式の内容です。
 
テーマパークの添乗員みたいな喋り方の司会者が登場し、未婚女性に対して何の配慮もないブーケトスたる公開処刑が横行し、「お前、誰だよ」たる式場専属カメラマンがパシャパシャとシャッターを切る。
 
新郎新婦やゲストの自然な表情を撮ってくれる知り合いのカメラマンを連れてこようものなら、式場から「持ち込み料」を請求される始末。
 
なんだよ、「持ち込み料」って。
 
なんで、自前スタッフを用意したら、追加でお金が発生するんだよ。
主役は新郎新婦だろ?
だったら、新郎新婦が一番幸せになる結果に導いてやれよ。
結婚式はゴールじゃなくて、スタートで、ここから先、二人はたくさんたくさんお金がかかるんだよ。
御祝儀は新婦新婦の生活費に充てさせてくれよ。
 
シンデレラモードに突入して舞い上がっている新婦につけ込んでんじゃねえよ。

西野亮廣ブログ Powered by Ameba

 

ぜひ、続きも読んでみてほしい。ついつい「わかるぅー!!」と共感してしまう。

 

わたしは結婚式に限らず、式典系のルールが大嫌いなので、おおむね賛同できる。

 

サプライズなどのお祝い事はむしろ進んでやりたいぐらいに大好きだが、伝統なのかお祝いをする上でのルールが多すぎて、「お願いだから招待状と一緒にルールブックも送ってきてほしい」と頼み込みたいぐらい覚えきれない。

 

そして、お願いだから「空気読めよ」感を出してこないでほしい。

 

友人の結婚式は「行きたくても」ほぼ行っていないし、一度は行ってみたものの「さあみんなで空気を読みましょう」感鳥肌だったのでもう2度と行きたくない。

 

重ねて言うが、お祝いの気持ちはあるしお祝い事は大好きだ。大好きにもかかわらず、大好きなことに生理的に無理なルールが割り込んでしまっているから問題なのだ。

 

 

 

 

だいたい、「女性は白以外のドレス」の時点で吐きそうである。

 

普通はそうなのかもしれないが、普通は従うのかもしれないが、オイその"普通"はどこの基準だと聞きたくなる。

 

スカートなんか履けるか。

 

女がみんなスカート大好きだと思ったら大間違いなのだ。

 

わたしは中高の制服のスカートの下に、短パン履いてまでスカートを拒否していた。

 

 

 

就活もとっても嫌いで、「ヒールで歩かせないでもらっていいですか?」と面接官に言いたい(面接官はあまり関係ない)。

 

 

しんどいのでお願いだからペタンコ靴にさせてくれ。

 

美しさを求めるのか、泥臭い努力を求めるのかどっちかにしてくれ。

 

 

 

成人式もなんなの?あんなの家帰って1秒で振袖脱いだわ。

 

大学の卒業式はさすがにスーツにしたわ。周りは着物で華やかだったから超浮いてたし、たぶん「お金ないのかな?」って思われたわ。

 

 

 

 

こういう式典もので個性を出してくるなっていうことなのかもしれないし、それが普通であり社会への適合性なのかもしれない。

 

しかし、こちとらロボットじゃないで気持ちってものがある。もう勘弁してほしい。

 

社会不適合者でもニートでもクズでもいいから、好きにさせてくれ!!

 

と、心が叫んでいる。

 

 

 

 

f:id:takecchi67:20181122152310j:image

 

 

#結婚式に自由を

 

 

このタグのすごいところは、こうしてわたしが幼少期から抱え続けてきた怒り、悲しみ、抑圧などのモヤモヤした葛藤を一瞬で引きずりだしてしまったところだ。

 

きっと共感してくれる人もいるのではないだろうか。

 

普通が正義の人たちからしてみれば、場合によっては家族まで含めて「お前がおかしい」とバカにできる内容だと思う。

 

だからこそわたしは、大人になっても何にも言えないまま、下を向いてガマンをし続けていた。

 

 

 

誰も恨んでいない。

 

いまになってこうして堂々と「わたしはわたしだ」と言えるようになった自分が、少しだけ誇らしいからだ。

 

 

 

f:id:takecchi67:20181122152041j:image

 

 

 

自分らしく楽しんでいこうじゃないの。

 

よかった、この時代に生まれて(笑) 

 

 

 

 

自由への一歩。

新世界

新世界

 

 

 

たけっち公式LINE@

https://line.me/R/ti/p/%40zee6848n

 

週2日LINE@限定コラムをお届けしています。お悩み相談、質問などもこちらからどうぞ。

 

 

 

 

個人相談はこちらから↓

たけっちお悩み相談 申込みページ