人生プラン。老後の不安。幸せな人生設計していますか?

 

人生においてプランを立てることがすごく重要な、その理由。

 

 

 

 

 

冒険するのか、安心安全で進むのかどっちだよ!!

 

って思われるんじゃないかと思ったので、これをネタにブログを書きます(笑)

 

 

 

 

いまはそういう時代でもなくなってきたけれど、小中高と出て大学までいって、就職してできるだけそこで長く働いて結婚して子供を産んでマイホームやマイカーをローンで買って……。

 

終身雇用時代のよくある人生のテンプレートはそんな感じだったと思います。

 

ここに思考はいらないし、働けなかったらそれで終わり。会社が安全を保障してくれるんだから、やらないほうがおかしい。そんな空気だったと思うんですが、それはとっくに変わりましたよね(*´-`)

 

 

いまは個人で考えて動く時代。

 

 

自分の人生を保障してくれるものはないから、自分が人生プランをよく練っておく必要があるとわたしは考えています。まだ20代だから大丈夫とかわたしは思えない性格なので、めちゃめちゃ危機感抱きながらいまを生きています(笑)

 

 

「老後が不安」なら、その老後の安全をいまのうちから作ってしまおうよっていう考え方です。

 

 

 

そのためには、大きな鳥の目で見たときにはより慎重に、小さな虫の目で見たときにはより大胆に動く。これが経験則から得たわたしの考え。

 

 

 

 

大きな人生から見たいまはすごくちっぽけだし、冒険したりして失敗もたくさんしておいたほうがむしろいいと思います。

 

それが人生全体に響くようなことはできるだけ避けてね。たとえば大罪で逮捕されるとか、大病するとか、経済破綻するとか。

 

もし避けられないなら、そのハンデを持ちながらどうやって、より幸せに生きていくか考える。

 

 

 

すべて幸せのためだし、より良い人生のため。10年後20年後になって「ヤバイ」と焦るのではなくいまのうちに準備しておきたいんだよね。

 

 

 

例えばの話、もし大成功がしたいならいますぐに成功を目指すのではなく、10年後に成功を目指したほうが成功する。

 

いま有名になって大成功してる人と戦っても、そりゃ100%負けるしあまりにも無益な戦いだもんね。それなら美味しいところをどんどん学んだほうがいい。

 

でも10年後の成功だったら、どんな人でも望める。いまから10年後のための行動をスタートすればいいわけで、まったく遅くない。

 

もちろん誰も注目してくれないけれど、飛び出したあとにみんなは気づくだけの話で。

 

 

 

心に元気がないときは、正直成功とかお金とか将来とか関係ないよって思うかもしれない。それでもいい。

 

けれど、心に元気がなくなった要因を思い出して欲しい。

 

「他でカバーできない余裕の無さ」が原因で、そうなったのではないだろうか?

 

 

先を考えて余裕を作ることは、予防医学的な観点でもある。

 

わたしは対症療法よりもよっぽど人を救う考え方だと思っているし、自分を含め誰かに行動してもらうなら本当にためになることをして欲しいᕦ(ò_óˇ)ᕤ

 

 

 

 

こればかりは価値観だから、すべての人がそうとは思わない。本当にわかる人だけ、共に動こう。

 

 

 

f:id:takecchi67:20181114181430j:image

 

地味な生活中。今日もたくさんの言葉を紡いだ(๑╹ω╹๑ )

 

 

 

たけっち公式LINE@

https://line.me/R/ti/p/%40zee6848n

 

週2日LINE@限定コラムを配信中。最新活動のお知らせは不定期でお届け。お悩み相談・質問にもお答えしています。