キンコン西野さんを通して『新世界』を見る。ちっぽけな自分を思い出せば、大抵のことは「大丈夫」。

 

f:id:takecchi67:20181110111949p:plain

 

 

自分のことがちっぽけだと知ると、すごく楽になる。

 

 

 

 

世界には様々な人がいて、国籍や人種だけではなく中身まですべて違う。

 

その一部の山で、人と比較しているとしたら、それはすごく狭い世界の中のお話だ。

 

わたしはその狭い世界の中で完結したくないので、常に広いほうへ目を向けるようにしているが、世界を見渡すとそもそも日本が狭くねーか?ってぐらいスゴイ人はたくさんいる。

 

 

 

キンコン西野さんやSHOWROOMの前田裕二さん、天才編集者のミノワマンさん、ブロガー界の神イケダハヤトさん、ジョーブログのジョーさんを始めYouTuberの方々。心理系で言うのなら性格リフォームカウンセラーの心屋仁乃助さん、幸せの帝王学本田晃一さん。お金なら、秒速で億を稼ぐ与沢翼さんなど。

 

日本人でいま現在、時の人と言われるような人たちの動向を欠かさずチェックしていても、スゴイ人ってのはさらに大量にいるのだ。わたしが知っている範囲だけでも、ここに挙げきれないほどいる。

 

 

 

そんな中で「自分がいちばん目立ちたい!!」なんて考えようもんなら、そりゃ工夫が必要だし、そのための努力や思考が大切になってくる。

 

何が言いたいかというと、声高々にやりたいことだけ宣言しても誰も気づかないから、10倍でかい声で宣言したほうがいいよっていうこと。

 

(あれ?そんなことが言いたかったんだっけ?)

 

 

 

あなたの現在地点が"ちっぽけ"だとするなら、わりと何をやっても目立てないし、大丈夫だ。

 

わたしも未だに「たけっちって誰?」レベルだと感じている。過去にはテレビカメラ向けられたり300人の前でステージに立てたりしただけで「よしこれで目立ったなウヘヘヘ」と嬉しくなったりしたが、マジで地味だったしいまも地味。

 

 

 

 

 

別にそれで大丈夫なのだ。ちっぽけだからこそ、いまできることから始める。急に目立とうとか思わなくていい。目の前の階段をひとつひとつ上がった先に、成功とか栄光とかそういうものがある。

 

焦ったときには、自分がちっぽけなことを思い出そう。落ち着いて、深呼吸ができる。

 

 

 

 

 

今日のオススメ本。

新世界

新世界

 

 

 

 

 

 

 

 

 

たけっち公式LINE@

https://line.me/R/ti/p/%40zee6848n

 

週2回LINE@限定コラムをお届けします。たけっちの新しい活動について不定期でお知らせします。お悩み相談も受け付け中。