自分の好きなことが「わからない→わかる」になるとこうなる。

いろんなことが腑に落ちて、好きなことがわかりました。

 

 

f:id:takecchi67:20181111145402j:plain



 

 

昔からあった母との確執が解消されてきて、

 

それだけでも私にとってはいいことだったんですが

 

それと同時に

 

自分の「好きなこと」ふと、わかったんですね。 

 

 

 

プロセスは、

 

=================

 

母親を許して味方になる

 

→なんだか自分が許された気になる

 

→安心して余裕ができたので好きなことが見つかる

 

=================

 

という流れ。 

 

 

 

 

わたしの好きなことは「表現すること」でした。

 

 

 

中学のときは声優になりたくて、「演劇部がしっかりしてる!」という理由で高校を選んだくらい、情熱がありました。

 

何やっても続かないくらい飽き性のわたしが、3年間続けられるくらい好きでした。

 

でも・・・。

 

いざ進路を決める高校3年生の時期、母にこう言われました。

 

 

「声優なんて不安定なんだからやめなよ。一握りの人しかなれないんだよ?

 

あんたには無理だよ」

 

 

 

「うーーーん

 

そうだよなあーーー

 

声優ってすごく不安定だし、

一握りの人しかなれないし・・・。

 

私には難しいよなあー

覚悟もないしなあーーー」

 

 

 

それで、

 

「どうせできないから」 

 

夢を諦めました。

 

 

  

 

 

なんで今の今まで

好きなことを忘れていたんだろ???

 

こんなに鮮明に思い出せるのに

見ないフリでもしてたんかな。

 

「表現すること」

 

っていうと曖昧な感じがしますが、

 

「何かを演じたり、

表現して人を楽しませること」

 

が好きなんだと思います。

 

 

 

 

きっかけは、声優さんがやってるライブ映像をみて、

 

「いいなあー輝いてて楽しそうだなあー…」

 

と感じたとき。

 

 

「あれ???」と違和感に気付いたんです。

 

 

 

  

私の日常って

 

書くこと、発信すること、映画やライブやドラマを観ること、たまに歌うこと、音楽をきくこと、ゲームすること、声優さんやアニメ楽曲を弾くこと歌うこと、漫画よむこと、イラストを見ること、、、

 

 

などサブカルチャーで構成されているし

 

すべて自己表現系なんだよなぁ、、、

 

 

f:id:takecchi67:20181202152010j:plain

 

 

そう、全部つながっていたんですね。

 

本当に好きなことは、日常に眠っています。 

 

 

 

気付いてから思い返してみると、

 

・大学生のときもカラオケで台詞の入った歌詞などのときは、妙にノリノリでやって周りを笑かしたり 

・感情込めて歌うミュージカル系の歌をふざけて本気でやるときには「すごいね!もっかい演劇やったら?」と言われたり

・演歌を歌うまえには必ず台詞を入れたり

・アーティストの真似して人を笑かしたり 

・会話の最中に他人が出てくるときは無駄に感情込めて話してみたり

 

もうすでに

好きなことはやってたんです(笑)

 

 

 

 

むしろなんで気が付かなかったのか???

 

というくらい日常に散りばめられていました。

 

 

 

それがずっとわからず、

 

お金になること、

尊敬されそうなこと、

有意義なこと、

 

そればっかりを探していたのは

 

 

 

「あんたには無理」

「お金にならない」

「無駄なこと」

 

そういった言葉に

ずっと縛られて、

 

可能性を感じることにすら蓋をしてしまっていたからなんですね。

 

 

 

 

 

 

 

 

ほんとに好きなことを

見つけて気が付いたことがあります。 

 

それは

 

好きなことさえやっていれば

 

別にお金稼げても稼げなくてもどっちでもいいってこと。

 

 

 

 

だって

 

 

好きなときに演じたり、歌ったり、笑ったり、泣いたり、アニメや漫画や映画やドラマの話したり、動いてみたり、チームで一つの作品作り上げたり、自分の個性発揮できたり、みんなも楽しんでくれたり・・・。 

 

毎日それをするってことだよね???

 

なにそれ、めっちゃ幸せ。(!)

 

 

 

 

もちろん、お金を稼ぐことや効率良くものごとを進めることで喜びを感じるタイプの人もいると思います。

 

でも、わたしは違いました。 

 

 

仕事できる人が羨ましく思えたり、

できない人にはイライラしていました。

 

ほんとはできないのに、精一杯がんばっていつも必死だから、すぐに具合が悪くなった。

 

小さい頃から「できない自分ではいられなかった」ため、がんばるしかなかっただけなのです。

 

本当は、そんなに器用な人間じゃないんだ。

 

 

 

 

あなたは、本当はどんなタイプの人ですか??? 

 

あなたの好きなことは、もうすでに日常に落ちていませんか??? 

 

 

 

 f:id:takecchi67:20170309115716j:image

 

 

ご参考までに。

 

 

 

 

 

たけっち公式LINE@

https://line.me/R/ti/p/%40zee6848n 

週2日LINE@限定コラムを配信中。お悩み相談、質問などもこちらからどうぞ。